おせち料理のいわれ

おせち料理はお正月に食べるお祝いの料理です。
もともと季節の変わり目の節句(節供)に、神様にお供えし、食べたものを「御節供(おせちく)」と呼んでいたそうです。
おせち料理は本来、お正月だけのものではありませんでしたが、江戸時代にこの行事が庶民に広まると、節句の中でも最も重要なお正月にふるまわれる料理が「おせち料理」と呼ばれるようになったそうです。
おせち料理はお正月の神様、年神様に供える料理であり、家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。

元々は五穀豊穣、家族の安全と健康、子孫繁栄の祈りを込めて、その土地でとれたものをお供えしていたようですが、暮らしや食文化が豊かになるに従い
海の幸や山の幸を豊富に盛り込んだご馳走となり、現在のおせちの原型ができたそうです。

また、正月三が日は主婦を家事から解放するという意味を含め、保存の効く食材が中心のものになったといわれています。
現在では、百貨店や高級料亭が有名シェフや料理人監修のおせち料理を販売していて、その利用者が増えていきとともに冷凍技術の発達を受けて多くの通販サイトがおせち料理の販売に参入しています。

最近では購買者も選択の幅が増えて、おせち 一番人気のランキングサイトなどを参考に自由に選べる手軽さが受けて年々市場が拡大しているそうです。
珍しいおせちとしましては、熊本地震復興支援を祈念した馬刺し おせちが販売され、売上の一部が自動的に熊本県に寄付されるというようなおせちも登場しています。

おせち料理は、「めでたさを重ねる」という意味で重箱に詰められます。各段ごとに詰める料理が異なり、「この段にはこれを詰める」というルールと、素材や料理に込める意味があります。

基本は四段重ねですが、最近は三段重が多いようです。地方やしきたりによって詰め方は異なるようですが、代表的な詰め方をご紹介します。

(以下紀文HP参照)
縁起の良いおせち料理のいわれ

【紅白蒲鉾】
紅白は祝の色
蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。

【伊達巻】
長崎から伝わったシャレた料理
江戸時代、長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになったようです。
また、昔は大事な文書や絵は巻物にしていたので、おせち料理には巻いた料理が多くあります。

【錦玉子】
金、銀、錦にたとえて
黄身と白身の2色が美しい錦玉子は、その2色が金と銀にたとえられ、正月料理として喜ばれます。2色を錦と語呂合わせしているとも言われます。
錦織り成すあでやかさで祝いの膳を華やかにしてくれます。

【栗きんとん】
豊かさと勝負運を願って
黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。

【黒豆】
元気に働けますように
「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

【昆布巻】
日本料理の必需品、昆布で健康長寿を
昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起ものです。おせち料理には、煮しめの結び昆布、昆布巻となかなかの活躍です。

【田作り】
小さくても尾頭付き
五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品です

【数の子】
子宝と子孫繁栄を祈る
数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいと、古くからおせちに使われました。正月らしい一品です。

【菊花かぶ】
旬のかぶもめでたい形で
冬が旬のかぶをおめでたい菊の形に飾り切りし、紅く染めて、紅白の酢のものに仕立てたのが菊花かぶです。消化によい栄養素を含み、ご馳走の中の箸休めにぴったり。

【小肌粟漬】
将来の出世を願って
小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前。出世魚なので縁起がよいといわれています。黄色はクチナシで染めた粟で、五穀豊穣を願っています。

【えび】
長生きの象徴
えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。おせち料理には、小えびを串で止めた鬼がら焼がよく用いられます。

【お多福豆】
福を招く豆料理
「阿多福」という字が当てられ、文字通り福を招く食べ物として、祝い膳にはよく登場します。空豆の一種で、その形が、ふくよかなおたふくの顔に似ているところから、お多福豆と呼ばれています。
【紅白なます】
紅白でおめでたいさっぱり料理
生の魚介と大根、にんじんと酢で作ったことから、なますの名がつけられました。今は生の魚介の代わりに、干柿や昆布、ゆずの千切りも用いられます。

【ごぼう】
細く長く幸せに
細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは縁起のよい食材として様々に使われています。たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩き、身を開いて、開運の縁起をかついだもの。
ごぼうの産地である八幡の名をとった、牛肉の八幡巻、穴子の八幡巻も正月らしい巻もの料理です。宮中で正月に配られる花びら餅の芯にも、ごぼうが用いられ、大切に扱われているのです。

【するめ】
祝い事を表す縁起もの
「寿留女」の字をあて、結納の品として使用され、めでたい祝儀の膳に欠かせない品でした。 恵比寿神を奉るエビス棚には、しめ縄が飾られ、するめ・昆布・新巻鮭などを飾る習慣がありました。寿とは、幸せのこと祝事を表す言葉です。
                           (以上紀文HP参照)

以上が代表的な縁起物の食材ですが、他にも沢山の縁起の由来のある食材があり、これらが豊富に重箱に積み込まれていて、年の初めの大事な節目におせちを食べることに意味があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする